フレフレ釜石Try人 釜石市移住定住ポータルサイト

COLUMN

移住コーディネーター釜石生活 Vol.07釜石まつり、来年は・・・

カマコラ

この記事を書いた人

移住コーディネーター
プロフィール

山﨑 可奈子

釜石市役所。移住コーディネーターに紛れて、たまにコラム投稿いたします!

2020.10.28
 
10月の第3金土日は釜石まつりです。
が、今年は新型コロナウィルスの関係で、神事だけひっそり行われました。
夜には虎舞やら神楽やらの練習のお囃子が聞こえてくるのですが、それもなく・・・。
 
ここで、釜石まつりをごくごく簡単にご説明します。
 
★合同祭
尾崎神社(おさきさん)と釜石製鐵所山神社(さんじんさん)の合同祭。つまり御神体は2つ。
 
★曳き船 第3土曜日
1年に1度、尾崎神社の御神体を尾崎半島から船でマチにお連れする、歓迎の海上パレード。
 
★市内渡御(いわゆる行列) 第3日曜日
海側にある尾崎神社と、ちょっと内陸の山神社からそれぞれ御神輿が出発し、
製鉄所の正門で、ふたつの御神輿が合流します。一年ぶりの再会です。
神楽や虎舞、鹿踊りなどの芸能も披露され、尾崎神社の御神体を船でお送りするところまで行列が続きます。
 
釜石まつりの釜石らしいところは、2つの神様が仲良くしていて、
その片方の山神社は、製鉄所の守護神社であること。
転勤で釜石に赴任した製鉄所のエライ方も、釜石にきたからにはおまつり参加が必須なのです。
毎年、お奉行さんのように、行列を練り歩いていらっしゃいます。
この光景も、鉄とともにあるマチならではなんだと思います。
 
どうか来年は開催されますように。

タグ