フレフレ釜石Try人 釜石市移住定住ポータルサイト

実は岩手県で2番目にできた市!

釜石ってこんなまち

鉄と魚とラグビーのまち。
海と山に囲まれた、自然豊かだけど、
田舎すぎないちょうどいいまち。

DATA

釜石市の
きほんプロフィール

気  候
雪もほとんど積もらず、岩手で最も過ごしやすい。
お盆を過ぎたら涼しくなるが、最高気温が全国1位になる日が毎年必ずある。
交通アクセス
盛岡市:
車で2時間弱。JR釜石線快速で約2時間20分。
JR新花巻駅(新幹線):
車で1時間10分程度。JR釜石線快速で約1時間半。
いわて花巻空港:
車で1時間15分程度。
市内のエリア
  • ①東部エリア:
    大型商業施設や釜石駅、市役所等がある中心地。
  • ②西部エリア:
    賃貸物件が多い。釜石中央ICもあり、車でアクセス便利。
  • ③甲子エリア:
    遠野方面へ続く内陸エリア。甲子柿が特産。
  • ④鵜住居エリア:
    根浜海岸やスポーツ施設あり。
  • ⑤栗橋エリア:
    橋野鉄鉱山などの遺跡が多く残る、緑豊かなエリア。
  • ⑥唐丹エリア:
    漁業中心のエリア。市内でここだけは旧伊達藩。
アドバイス
車生活だと歩く時間が減り、食べ物がおいしいことから、つい体重が増えがち。
みちのく潮風トレイルや五葉山登山など、自然で体を動かすのもおすすめです。
釜石市地図
冬は「汽車」移動が安心!
わたしがキャプテンです!

釜石市長 野田武則

マニアックかも?釜石を知る15のワード

釜石を知らないあなたも、
釜石を離れているあなたも、
ぜひ新しい釜石を発見してみてください。
(ここにない「私だけが知っている釜石」は、
ぜひSNSで教えてくださいね!)

1

週末、ラグビー見に行く!?

ラグビーワールドカップ2019™の開催都市である釜石は、新日鐵釜石の日本選手権7連覇(1979-85)にはじまり、昔からラグビーが盛ん。釜石シーウェイブスのトップリーグ昇格は市民の夢。鵜住居復興スタジアムは「世界最高のラグビースタジアム」でトップ20に選ばれましたが、普段は地元の人が散歩したり、とても身近なスポットです。

1

鉄とともに!

JR釜石駅前にあるのは、商店街ではなく製鉄所!釜石港から市のどまんなかの一等地に製鉄所があり、それは市民にとって当たり前の光景なのです。「鉄」関連で働く人も多く、今も昔も鉄とともにあるまちです。

1

ソウルフード
釜石ラーメン

極細の縮れ麺と、透きとおるようなスープ。あっさりした優しい味わいで、ランチはもちろん「朝ラー」や飲んだあとのシメにも。市民はみんな行きつけの店があります。

1

新鮮な魚介類しか
食べられない

朝に水揚げされた魚を食べるのは、珍しいことではありません。また、釣りは身近なレジャー。早朝でも夜でも、岸壁や船でLet’s フィッシング!

1

大漁旗がなびき、
虎舞が躍る

10月の第三金土日に行われる「釜石まつり」。大漁旗をなびかせた十数隻の船が釜石港内をパレードしたり、虎舞や神楽、神輿が人々に元気を与えます。釜石の海も大地も賑わう3日間です。

1

文化のまち かまいし

釜石の年末の風物詩は「第九」の合唱。昭和52年から始まり、令和元年12月に第42回を迎えました。このほかにも市民による合唱や吹奏楽も盛んです。

1

なにかと便利シティ

JR、三陸鉄道、釜石自動車道…とどこに行くにも交通アクセスが良好。大型ショッピングセンターやスーパーもあるので、日常の買い物にも困りません。

1

すぐそこにビーチリゾート

鵜住居にある根浜海岸。砂浜はもちろん、オートキャンプ場やドッグランもあり、家族でビーチリゾートを楽しめます。水平線から昇る朝日は絶景!

1

日本の「東海岸」!?

岩手だから、冬は寒そうと思っていませんか?実は釜石の冬は暖かく、雪かきがほぼ不要です。夏にはやませという冷たい風が吹くため、クーラーを使わなくとも快適に過ごせる日も。

1

海水浴も森林浴も

海のイメージがある釜石ですが、山も豊か。橋野で鉄が出来たのは、鉄鉱石だけでなく木炭となる木があったからです。甲子(かっし)川では鮎釣りができるので、山でのアウトドアも楽しい。

1

浜千鳥。
魚に合う、おらほの地酒

地元の米・酵母・水を使った、まさに地酒。梅酒や焼酎もあります。酒造りを理解するために田植えや梅収穫などのイベントが開かれ、多くの市民が参加します。

1

待機児童ゼロ!
(令和2年9月末時点)

第2子の保育料が無料であるほか、釜石の自然の中に親しむ「自然保育」も充実しており、子どもがのびのび育つまちです。

1

防災教育でいのちを守る

東日本大震災前から子供たちに「自分の命は自分で守る」防災教育を行ってきました。津波発生時は速やかに高い所へ逃げることを啓発する「韋駄天競走」も毎年行われています。

1

変化をしなやかに受容する

三陸の国際交流都市・釜石には国内外の多様な人材や企業が集います。時代の変化をしなやかに受容する、開かれた地域の土壌が「レジリエンス(柔軟さ)」を生み出します。

1

新名物!うにしゃぶ!

生で食べるウニももちろん絶品ですが、パスタやラーメン、ウニごはんもおすすめです。最近のイチオシは、濃厚なウニのスープに魚介類や野菜を絡ませる「うにしゃぶ」!店によって具材やシメが違うのも楽しい。