フレフレ釜石Try人 釜石市移住定住ポータルサイト

COLUMN

移住コーディネーター釜石生活Vol.140鹿とともにある暮らし

カマコラ

この記事を書いた人

移住コーディネーター
プロフィール

手塚 さや香

さいたま市出身で、東京や大阪、盛岡で働いたあと、東日本大震災後に 釜石リージョナルコーディネーター〜釜援隊〜 という復興支援の組織で活動するために2014年秋に釜石に移住しました。

2022.9.13

 

釜石市民や出身者にはおなじみの光景ですが、
今朝も家を出たら、鹿のファミリーが待ち構えていました。

 

細い通りの向かいのアパートの敷地内には、
お父さんかと思われる立派な角をたくわえた鹿もいました。

 

8年も住んでいるとすっかり見慣れてしまいますが、
鹿の蹄がアスファルトを蹴る音は、何度聞いてもちょっと怖いです。
「あの脚で蹴られたらどんな感じなんだろう...」と
想像してしまいます。

タグ