フレフレ釜石Try人 釜石市移住定住ポータルサイト

COLUMN

移住コーディネーター釜石生活 Vol.02釜石の山の味覚

カマコラ

この記事を書いた人

移住コーディネーター
プロフィール

手塚さや香

さいたま市出身で、東京や大阪、盛岡で働いたあと、東日本大震災後に 釜石リージョナルコーディネーター〜釜援隊〜 という復興支援の組織で活動するために2014年秋に釜石に移住しました。

こんにちは!
釜石市移住コーディネーターの手塚さや香です。
さいたま市出身で、東京や大阪、盛岡で働いたあと、東日本大震災後に 釜石リージョナルコーディネーター?釜援隊? という復興支援の組織で活動するために2014年秋に釜石に移住しました。
釜石に興味のある皆さんに釜石の暮らし、日常を知ってもらうためにスタートしたこのシリーズ。前回はドンコくんが釜石の海を紹介してくれたので、私は山の話題を。

 

この前の週末、移住したころからお世話になっているFさんご夫妻と一緒にワラビ採りに行ってきました。
ワラビは、シドケなどと違いパッと見てすぐにワラビと分かるので初心者でも採れそうですが、群生地が決まっているので、場所を知らないと採るのが難しいんです。
数年前まったく採れなかったので、今年は5月からFさんにお願いして、行く時に連れて行ってもらうことになっていました。
Fさんの目当ての場所に行ってみると、あっちにもこっちにもワラビが!!
イバラが生い茂った中にワラビが生えているので、ワラビに近づこうとするとイバラに刺されてしまい、けっこう痛かったですが、ちょっとしたサバイバル感もあって楽しかったです。
採ったワラビはFさんのお宅の大きい鍋であくぬきまでしていただき、あとは食べるだけ(笑)の状態で帰宅しました。
Fさんは長年、関東で仕事をして定年後にUターンしたご夫婦ですが、地元の良さを知り尽くした方と知り合えるかどうかで田舎暮らしの楽しさは何倍も違ってくることを実感した一日でした??
※釜石市の野生ワラビはまだ国の出荷制限が解除になっていないため、採取はできますが販売はできませんのでご注意ください

 

コラム画像ワラビ1

 

コラム画像ワラビ2

 

コラム画像ワラビ3

 

・・・・・・・・・・・・・
<釜石市移住コーディネーターって?>
それぞれの活動の副業として移住や定住の促進に取り組んでおり、現在は20代〜40代の4名がコーディネーターとして活動しています。

 

タグ